TOP >世界とつながろう「海外 食レポート」

Potency  Network「世界とつながろう!」

お久しぶりです、日本に帰国中のKAYOです!


イタリアのサレルノ県は、アメリカ人のキース博士が「地中海式ダイエット」を考案した場所としても有名ですが、今回はその中でもキース博士が住んでいた「チレント」の「食」についてお話したいと思います!





山も海もある自然豊かなチレントでは、山の幸・海の幸、両方の食が楽しめます。たとえば、カチョカヴァッロなどのチーズに良く合う「メラッサ」と呼ばれる白イチジクのシロップ(長期保存可能)や、鉄分が通常の豆の10倍もあると科学的に証明されている、「コントローネの豆など、まだまだ日本では知られていない、スローフード登録商品の宝庫でもあります。自然にとても恵まれていて、世界遺産登録もされているくらいです。





キース博士はチレントにいらした際、長寿な老人がとても多い事に着目されたそうですが、さらに地元の人々が良く食べていた「アクアサーレ」に注目されたそうです。「アクアサーレ」とは、直訳すると「塩水」。「カポナータ」や「パンツァネッラ」とも呼ばれています。今回は、その料理がどんな一皿か、具体的なレシピをご紹介しますね♪



料理名 「アクアサーレ」

 



材料

*こちらの料理の材料(分量)はぜひお好みで♪
パーネビスコッタート(焼いて乾燥させたパン)

チェリートマト

バジリコ

オレガノ

オリーブオイル


 

作り方

①  チェリートマトを4分の1に切る。

②  バジリコを細かく切る。

③  パーネビスコッタートを水でふやかし、手で細かく割る。(割らない場合もあります。)

④  ③に①と②、塩、オレガノ、オリーブオイルを混ぜる。(割らない場合は具をふやかしたパーネビスコッタートに載せて食べます。)




アクアサーレは、元々は農家の方や漁師さんの日常食で、貧しくても食べることのできる栄養価の高い料理でした。昔、漁師さん達は、海の上でパーネビスコッタートを海水で戻していたそうです。(今もそうしていらっしゃるかもしれませんが…)また、チレントには沢山の村々がありますが、水や電気がつい何十年か前まできていなかった所も多々あったそうです。そういう環境下においては、漁師さん以外でも海水を使って調理していた方がいてもおかしくないかもしれませんね。なので、料理名は「アクアサーレ(塩水)」なんですね!適度なエネルギー、塩分やミネラルが摂れる、今でも夏に良く食べられる一皿です。最近ではモッツアレラを入れたり、ツナを入れたり、人によってはセロリなど様々な野菜も入れたりするようです。



ちなみにチレントではオリーブオイルも沢山使われます。「オイル」=「油」と思われがちですが、実際は絞られているだけなので、「オリーブジュース」!!!(前にもご紹介させていただきましたが)オリーブオイルの抗酸化作用はとても強く、イタリアではオリーブオイルに色々な野菜を漬けて、何年も保存したりするほどです。長期保存する場合は、勿論野菜の下準備に時間が掛かりますが、簡単で美味しい前菜としても使えるのが、グリル野菜のオリーブオイル漬けのよいところです。今回は、調理後30分位で食べても美味しく、且つオリーブオイルにひたひたに浸しておけば10日以上持つと云われるレシピをご紹介させていただきますね♪





料理名 「グリル野菜のオリーブオイル漬け」



材料

*こちらの料理の材料(分量)はぜひお好みで♪

なす

ズッキーニ

玉ねぎ

パプリカ等

オリーブオイル

ニンニク

バジル

パセリ

鷹の爪





作り方

①   なす、ズッキーニ、玉ねぎ、パプリカ等の野菜は薄くスライスする。(なすは塩水につけてあく抜きをします。)

②   ニンニク、バジル、パセリ、鷹の爪を細かく切っておく。

③  ①の野菜の片面だけにオリーブオイルをハケで塗り、両面焼く。

④ 深めのお皿に焼いた③の野菜を載せて、オリーブオイルと②を適量かける。(その場でお召し上がりになる場合は、オリーブオイルのかけ過ぎにご注意ください。)

*その場で食べても美味しいですが、30分位たってからだと、オリーブオイルが馴染んで更に美味しく召し上がっていただけます。

⑤ 野菜があまったら、野菜がオリーブオイルから出ないようにオリーブオイルをひたひたにして保存する。(保存状況や容器、食材等によって品質が異なりますのでご留意ください)





<お知らせ>

上記の2品+サレルノの特産品の試食会が東中野で開催されます。

日時: 2014年8月9日(土)15時~(約1時間半)

参加費:3500円

場所: 中野区東中野4-2-3 テラハウス アトリエ棟

★当日は、サレルノ県のビデオも上映し、昨年「イタリア男家庭料理」で来日した、

ジュリアおばあちゃんの3男のマルコ氏がサレルノの魅力についても語ります。


ご興味がある方は是非下記へご連絡下さい!

 Mail:info@bestofsalerno.com

 HP:http://bestofsalerno.com/



こんにちは!ポテンシィです
事例紹介とご依頼のステップ
会社概要
お問い合わせ
美と力

農業生産法人株式会社クックソニア
沖縄畑人くらぶ
サレルノアンテナショップ

  • マルシェでおいしさ発見
  • つたえたい、料理から
  • オンナの可能性
  • 支援活動
  • 畑と大地のできごと