TOP >世界とつながろう「海外 食レポート」

Potency  Network「世界とつながろう!」




こんにちは、KAYOです!

サレルノは今日も良い天気が続いています。



昨年、サレルノの人々が6月は海で過ごす事が多いことを書きましたが、やはり今年も皆さん海の家へ・・・と言う事で、今回はサレルノ県のお隣、ナポリ県はヴィーコエクエンセという町で行われる食の祭典、フェスタ・ア・ヴィーコについてレポートします!






サレルノの人達の間でも良く知られている、ヴィーコ・・・小さい町なのに何故??理由は「1メートル以上あるピザ」の発祥地だから。サレルノに住む女性も、「私が小さい頃、母がクリスマスの準備で忙しい時はヴィーコに行ってピザを食べていたわ。」と。


この小さな町で、毎年6月上旬の月曜日~水曜日の3日間、「フェスタ・ア・ヴィーコ」が開かれます。「フェスタ」とは「祭」と言う意味なので、単純に「ヴィーコで行われる祭り」と言う意味ですが、イタリア国内でも重要視されている食の祭典で、町中大盛り上がり。このイベントを始めたのは、ヴィーコでレストランを経営している、シェフのジェナロ・エスポジト氏で、町の活性化の為と。


写真に向かって左側がエスポジト氏で、右が市長さんです♪



たのしそうに作業するエスポジト氏♪

この祭、3日とも内容が異なるそうですが、私の訪れた1日目は一般公開日。74人のルーキー(若手料理人)が自慢の一品を出して勝負!(この日の勝者は星付きレストランシェフがジャッジ。)市長のジェナロ・チンクエ氏の案内でベストオブサレルノのお客様達と町中を周ると、なんと靴屋さんや雑貨屋さん、薬屋さんまでが店の一角をアレンジしてレストランのようになっており、1軒1軒違うレストランのルーキーが作った1品を出していました。まず始めに15ユーロで4枚のチケットを購入し、好きなお店でそのチケットを食べたいものと交換します。イタリア国内各地から料理人が集まるという事で、1万人以上の人手で、町はごった返し!







一番重要なのは3日目で、イタリア各地から星付きシェフ達含め、94人のシェフが料理の腕を競い合います。この日のチケットは、150ユーロと高めですが、人気があり入手困難とのことです。

市長のチンクエ氏はとても気さくでシェフの格好で、一日中お付き合いくださり、日本のシェフにもこのヴィーコの食の祭典にご参加頂きたいとのお話を頂き、既にお一人は来年のご参加が決まりました。来年も市長さんが直々にお付き合いくださるとの事なので、ポテンシィマガジンをご覧のシェフの方でご参加ご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。このフェスタ・ア・ヴィーコで、日本人シェフ応援に一般参加者も定員有りで募集しますので、楽しみにしていてください!




こちらは準備中の風景です~ みなさん自身の料理を並べて・・♪



















●下記は地元新聞、ポジターノニュースでベストオブサレルノとして取り上げられた際の写真です。動画もあります~。よかったらのぞいてみてください♪

http://www.positanonews.it/articolo/138172/vico-equense-festa-a-vico-un-grandissimo-successo-e-il-sindaco-cinque-fa-lo-chef#prettyPhoto



*****************************
わたしたち「ベストオブサレルノ」では、
南イタリア、サレルノ県のこだわり製品を紹介・販売しています。
食品や雑貨の輸出入をはじめ、イタリアや日本に進出したい企業のコンサルティング、
イベントプランニングなどのご相談も承っております。
上記フェスタ・ア・ヴィーコはじめ、ご興味・ご関心のある方は、下記へご連絡ください。
Mail:info@bestofsalerno.com
HP:http://bestofsalerno.com/
*****************************



また、来月もサレルノから楽しい話題をお伝えできたらと想っています。 それではまた!!
KAYOでしたっ





こんにちは!ポテンシィです
事例紹介とご依頼のステップ
会社概要
お問い合わせ
美と力

農業生産法人株式会社クックソニア
沖縄畑人くらぶ
サレルノアンテナショップ

  • マルシェでおいしさ発見
  • つたえたい、料理から
  • オンナの可能性
  • 支援活動
  • 畑と大地のできごと